「事業活動」に関する解決事例のご紹介

A社は、B社との間で工事請負契約を締結し,工事を完成させましたが、
請負代金約900万円の支払いが滞ったままとなっていました。
当事務所の弁護士は、A社からの依頼を受け,まずはB社名義の預金が存在することが判明していたことから、同預金を仮に差し押さえるという民事保全の手続をとった上で、請負代金の支払を求める訴訟を提起しました。
すると、B社は、早急に請負代金の約9割を支払うので,預金の仮差押さえを解除してほしいとの希望を出してきました。A社側も,早期に請負代金を回収できるのであれば、少し減額しても構わないとの意向でしたので、
上記の内容で和解し、請負代金の大部分を回収することができました。

C社は、D社から原材料を購入していましたが、ある時、不良品があったとして代金の支払いを拒否したところ、D社から未払代金約200万円を支払えという訴訟を起こされました。当事務所の弁護士がC社から受任し、訴訟の対応を行いました。
最終的には、C社はD社に対し、100万円を分割払いをするという内容で、訴訟上の和解が成立しました。

交通アクセス

〒520-0832
大津市粟津町4-9 ステーションプラザ2F

JR・京阪石山駅から徒歩1分

JR石山駅、京阪石山駅から、バスロータリー側出入口徒歩1分。
セブンイレブンの斜め向かいの2階右奥です。
駐車場:晴嵐駐車場をご利用下さい(当事務所から徒歩2分)。