「債務問題」に関する解決事例のご紹介

Aさんは,消費者金融5社との間で,長年にわたり借入と返済を繰り返してきました。現在,借金の残高は約400万円で,1ヶ月当たり10万円以上を返済しなければなりません。最近,Aさんは収入が減少したことから,とても返済をすることはできないと考え,当事務所に相談しに来られました。
しかし、当事務所において、各社から取引履歴を取り寄せ、利息制限法という法律で定められた利率に引き直す形で計算してみると、全社につき借金は残っておらず、逆に合計500万円以上もの過払い金が発生していることが判明しました。
そこで、各社を相手に交渉及び訴訟を提起した結果、過払い金をほぼ全額回収することができました。

株式会社であるB社は、折からの不況に加えて、サブプライムローン問題の影響等を受けて、資金繰りが完全に止まってしまいました。B社には、資産らしい資産がありません。また。代表者であるCさんは、会社の借り入れについて連帯保証人になっていましたが、めぼしい財産は無く、とてもB社の債務を支払うことはできませんでした。そのため、債務の整理について、当事務所に相談に来られました。
当事務所の弁護士は、返済できる見込みはほとんど無く、破産手続を申し立てることが適切だと判断して、破産手続申立を受任しました。そして、B社とCさんについて、裁判所に対し、破産手続を申し立て、後に手続が無事に終了し、Cさん個人については、免責も認められました。

Dさんは、複数社から借金をして、返済できない状態となっていましたが、債権者のうち1社が、Dさんの給与を差押えてきました。そこで、当事務所に相談に来られました。
Dさんにはめぼしい財産が無く、とても借金を全額返済できる状態ではありませんでしたが、Dさんの職業は、破産すると続けることができないものであるため、破産手続は避けたいところでした。そこで、当事務所の弁護士は、小規模個人再生手続を申し立てるべきであり、また、それが可能であると判断し、受任して、手続申立てに向けて準備を行いました。
その後、裁判所に対し、小規模個人再生手続と、合わせて強制執行(差押え)の中止を申し立て、まずは強制執行を中止させ、最終的には、再生計画の認可決定を得ました。

交通アクセス

〒520-0832
大津市粟津町4-9 ステーションプラザ2F

JR・京阪石山駅から徒歩1分

JR石山駅、京阪石山駅から、バスロータリー側出入口徒歩1分。
セブンイレブンの斜め向かいの2階右奥です。
駐車場:晴嵐駐車場をご利用下さい(当事務所から徒歩2分)。